低金利は審査が厳しい

公務員や大手企業に勤務をして安定した収入を得られている人は、低金利のキャッシングを利用できることになります。では、そうでない人は低金利でキャッシングが利用できないのかと思ってしまいます。

考える人しかし、上限金利が低い金融機関であれば、借入限度額を少額に設定されても低金利でお金を借りられることになります。大手消費者金融ではほとんどが18%の上限金利となっていますが、銀行では上限金利を10%程度に設定しているところもあり、このような銀行を利用すれば借入限度額が低く設定されても低金利でお金を借りることが可能になります。ただ、上限金利が低い商品ほど審査は厳しいと考えておく必要があります

審査が厳しくなる理由は、金融機関のリスクが高まるからです。金利が高いほど金融機関の利益率も高くなり、貸し倒れが多少あってもそのリスクが軽減されます。しかし、低金利であることで利益が低下することで貸し倒れのリスクも高まります。そのため、低金利の金融機関は、審査によって利用者を厳選することで貸し倒れのリスクを軽減させようとするため、低金利のキャッシングは審査が厳しくなります。このように、低金利のキャッシングを利用するのはかなり難しいことです。

もし、複数社からの借入によって返済に困っているのなら、おまとめローンを利用する方法もあります。複数社からの借入を1社にまとめてしまうことで、借入総額が増えて金利も低くなり、結果的に低金利の借入も可能となります。また、大手消費者金融なら無利息サービスを提供しています。今の自分でも利用できるサービスを上手く利用して利息負担を軽減させて、上手くキャッシングを利用しましょう。


~関連記事~