信用で金利が違う

キャッシングの商品では、銀行では3~15%消費者金融では3~18%付近での金利が表記されています。下限金利を見ると差はほとんどありませんが、上限金利では、やはり銀行の方が明らかに低い設定となっています。そのため、低金利のキャッシングを求める人は、多くが銀行を選んでいるようです。

お札今までキャッシングを利用したことがない人は、3%程度の金利が設定される人はどんな人なのかと思うことでしょう。金利設定は、審査によって決められた借入限度額によって決まります。キャッシングの商品紹介では、金利以外にも借入額限度額が10~300万円といった具合に表記されています。

もし、借入限度額が10万円程度に設定された場合には上限金利の18%、300万円の借入限度額が設定されると下限金利の3%が設定されるといった具合に、借入限度額によって段階的に金利も設定されます。多くのお金が借りられる人ほど低金利でキャッシングができるということです。

では、多くのお金が借りられる人とはどんな人でしょうか。それは金融機関から信用を得られる人です。公務員や大手企業に勤務をしている、年収が多い、他の金融機関からの借入を確実に返済しているといった人です。大きな信用を得られる人は、銀行だけでなく、消費者金融でも低金利でキャッシングを利用することができます


~関連記事~