低金利は審査が厳しい

公務員や大手企業に勤務をして安定した収入を得られている人は、低金利のキャッシングを利用できることになります。では、そうでない人は低金利でキャッシングが利用できないのかと思ってしまいます。

考える人しかし、上限金利が低い金融機関であれば、借入限度額を少額に設定されても低金利でお金を借りられることになります。大手消費者金融ではほとんどが18%の上限金利となっていますが、銀行では上限金利を10%程度に設定しているところもあり、このような銀行を利用すれば借入限度額が低く設定されても低金利でお金を借りることが可能になります。ただ、上限金利が低い商品ほど審査は厳しいと考えておく必要があります

審査が厳しくなる理由は、金融機関のリスクが高まるからです。金利が高いほど金融機関の利益率も高くなり、貸し倒れが多少あってもそのリスクが軽減されます。しかし、低金利であることで利益が低下することで貸し倒れのリスクも高まります。そのため、低金利の金融機関は、審査によって利用者を厳選することで貸し倒れのリスクを軽減させようとするため、低金利のキャッシングは審査が厳しくなります。このように、低金利のキャッシングを利用するのはかなり難しいことです。

もし、複数社からの借入によって返済に困っているのなら、おまとめローンを利用する方法もあります。複数社からの借入を1社にまとめてしまうことで、借入総額が増えて金利も低くなり、結果的に低金利の借入も可能となります。また、大手消費者金融なら無利息サービスを提供しています。今の自分でも利用できるサービスを上手く利用して利息負担を軽減させて、上手くキャッシングを利用しましょう。


~関連記事~

信用で金利が違う

キャッシングの商品では、銀行では3~15%消費者金融では3~18%付近での金利が表記されています。下限金利を見ると差はほとんどありませんが、上限金利では、やはり銀行の方が明らかに低い設定となっています。そのため、低金利のキャッシングを求める人は、多くが銀行を選んでいるようです。

お札今までキャッシングを利用したことがない人は、3%程度の金利が設定される人はどんな人なのかと思うことでしょう。金利設定は、審査によって決められた借入限度額によって決まります。キャッシングの商品紹介では、金利以外にも借入額限度額が10~300万円といった具合に表記されています。

もし、借入限度額が10万円程度に設定された場合には上限金利の18%、300万円の借入限度額が設定されると下限金利の3%が設定されるといった具合に、借入限度額によって段階的に金利も設定されます。多くのお金が借りられる人ほど低金利でキャッシングができるということです。

では、多くのお金が借りられる人とはどんな人でしょうか。それは金融機関から信用を得られる人です。公務員や大手企業に勤務をしている、年収が多い、他の金融機関からの借入を確実に返済しているといった人です。大きな信用を得られる人は、銀行だけでなく、消費者金融でも低金利でキャッシングを利用することができます


~関連記事~

低金利のキャッシング

キャッシングを利用するなら低金利の商品を利用したい、もしもの時のために低金利のキャッシングカードを用意しておきたいと考えている人もいるでしょう。キャッシングと聞くと高金利をイメージする人もいるかもしれませんが、低金利のキャッシングもあり、急な出費の時にはお得な利息で必要なお金を借りることができます

お金を借りるうえでこの金利はとても重要です。50万円の借入をして、元利定額リボルビング返済方式で毎月3万円返済をすると、金利が18%の場合支払総額は578,396円、金利が10%の場合では539,942円となります。18%の場合の利息総額は78,396円、10%では39,942円でその差は38,454円です。この支払利息の差を見れば、キャッシングを利用するときにはどれだけ金利が重要であるか分かるでしょう。

サラリーマン誰でも低金利でキャッシングを利用したいと考えるのですが、どのようにしてこの金利が決まるのかと疑問を持っている人もいるでしょう。各金融機関の商品紹介を見ると3~18%といった具合に表記され、この金利幅を見て、なぜこんなに幅があるのか、申し込みをすれば審査によっては自分も3%の低金利で借りられる可能性があるのかと思っている人もいるかもしれません。

ここでは、どのようにしてキャッシングの金利が決まるのか、低金利のキャッシングの審査について解説します。低金利のキャッシングを自分でも利用できるのかと不安を感じている、金融機関がどのように金利を決めているのかを知りたいと考えている人ぜひ確認してください。


~関連記事~